The Runaways (2010) : ランナウェイズ

70年代に一世を風靡した伝説のガールズロックバンド・ランナウェイズの結成から解散までの軌跡を描いた青春音楽映画。
主演は「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートとダコタ・ファニング。

1975年、ロサンゼルス。
ジョーン・ジェットは、ロックがやりたいと周囲に訴え続けるが、誰にも相手にしてもらえない.。
そんなある日、敏腕プロデューサー、キム・フォーリーに出会い、彼の協力のもとメンバー探しを始める。
一方、シェリー・カーリーは、好きな音楽を共有する友だちもいない退屈な毎日を送っていた。
ある日、親の目を盗み出かけたクラブでジョーンとシェリーは運命的な出会いを果たす。
男まさりな格好のジョーンや他のメンバーに女性らしいルックスのチェリー加わり、最強のガールズバンド・ランナウェイズが結成される。
活動を始めた彼女たちは、男たちから差別を受けながらも着実に実力をつけ、その人気は世界中に飛び火していく。
しかし、シェリーのルックスばかりに注目が集まり色物扱いされる苛立ちと、嫉妬からバンド内に軋轢が生まれ始める…

[embed_youtube id=’uHpEJ749TRM’ width=’420′ height=’345′]

【キャスト】
ジョーン・ジェット : クリステン・スチュワート
シェリー・カーリー : ダコタ・ファニング
キム・フォーリー : マイケル・シャノン
サンディ・ウエスト : ステラ・メイヴ
リタ・フォード : スカウト・テイラー=コンプトン
ロビン : アリア・ショウカット
マリー・カーリー : ライリー・キーオ
スコット : ジョニー・ルイス
シェリーの母 : テイタム・オニール
シェリーの父 : ブレット・カレン

【スタッフ】
監督・脚本:フローリア・シジスモンディ
原作:シェリー・カーリー著『Neon Angel』
製作総指揮:ジョーン・ジェット、ケニー・ラグナ、ブライアン・ヤング
プロデューサー:ジョン・リンソン、アート・リンソン、ビル・ポーラッド
共同プロデューサー:フランク・ヒルデブランド、デヴィッド・グレイス
撮影監督:ブノワ・デビー
衣装デザイン:キャロル・ビードル
音楽監修:ジョージ・ドラクリアス

  • コメント: 0

関連記事

  1. Janis Joplin : the Rose ローズ (1979)

  2. Eric Crapton : エリック・クラプトン~12小節の人生~ (2018)

  3. Johnny Cash : Walk the Line (2005) / ウォーク・ザ・ライン 君につづく道

  4. John Lennon : Nowhere Boy (2009) / ジョン・レノン : ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ

  5. Queen : ボヘミアン・ラプソディ (2018)

  6. The Doors : The Doors (1991) / ドアーズ : ドアーズ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。