Queen : ボヘミアン・ラプソディ (2018)

『ボヘミアン・ラプソディ』(Bohemian Rhapsody)は、2018年のイギリス・アメリカ合衆国のロックバンド、クィーンとそのボーカル、フレディ・マーキュリーの伝記映画。

 ・ amazon : Queen : ボヘミアン・ラプソディ (2018)
 ・ prime video : Queen : ボヘミアン・ラプソディ (2018)
 ・ Youtube : Queen : ボヘミアン・ラプソディ (2018)

Queen : ボヘミアン・ラプソディ (2018)のあらすじ

1970年代初頭のロンドン、インド系移民出身の青年ファルーク・バルサラは音楽に傾倒し、厳格な父とは折り合いが悪く、自分のルーツを嫌って「フレディ」と名乗っていた。ある日フレディはファンだったバンド「スマイル」のメンバーでギタリストのブライアン・メイ、ドラマーのロジャー・テイラーに声をかけ、ヴォーカリストが脱退したばかりの同バンドに見事な歌声を披露して新しいヴォーカル兼ソングライターとなり、同じく新メンバーのベーシスト・ジョン・ディーコンとともに新生バンドをスタートさせる。同じ時期、フレディは洋服店の店員メアリー・オースティンと知り合い恋に落ちる。「クイーン」と改名したバンドはアルバムを自主制作し、その様子を目に留めたEMIのジョン・リードは彼らをスカウト、ポール・プレンターが担当マネージャーとなる。フレディはさらに名字を「マーキュリー」に改名、デビュー・世界各国でのツアーとクイーンが躍進する中、フレディはメアリーにプロポーズする。

やがてクイーンはEMIの重役レイ・フォスターからヒット曲「キラー・クイーン」の路線を踏襲する曲を制作するよう命じられるが、同じことの繰り返しを嫌う彼らは反発する。フレディはオペラをテーマとしたロック・アルバムを作ると提案し、郊外での曲制作とレコーディングが始まる。メンバーの喧嘩を交えつつも、熱意を注いで完成されたアルバム『オペラ座の夜』の出来に彼らはおおいに満足する。しかし6分という長さと斬新な構成の曲「ボヘミアン・ラプソディ」のシングルカットを、フォスターは「ラジオでかけてもらえない」と認めずクイーンと徹底的に対立。しかしフレディ自らラジオに出演し、「本来ならラジオで聴けない曲」と同曲を独占放送、マスコミには酷評されるが大ヒットする。

  • コメント: 0

関連記事

  1. John Lennon : Nowhere Boy (2009) / ジョン・レノン : ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ

  2. Eric Crapton : エリック・クラプトン~12小節の人生~ (2018)

  3. Janis Joplin : the Rose ローズ (1979)

  4. Johnny Cash : Walk the Line (2005) / ウォーク・ザ・ライン 君につづく道

  5. The Last Waltz (1978) / ラスト・ワルツ

  6. The Doors : The Doors (1991) / ドアーズ : ドアーズ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。